山中投資研究会 山中剛 公式サイト

株式会社ヤマナカ・インベストメント・ジャパン 山中投資研究会

本社

〒153-0043 東京都目黒区東山3-1-11

TEL 03-3713-6082

問い合わせ : yamanakato@proof.ocn.ne.jp

半年前に天底予想し完全的中!
初めの方へ
山中式相場理論
読者コーナー
急騰株裏掲示板
龍眼罫線
資料室
初公開!!本音の山中式225先物攻略作戦
フォーチュンクラブ
最新資料
特定商取引法・個人情報
2020年8月3日
以下は寄せられた感想の一部です

『千円の有料資料の内容に驚きました。本当に天底を予測できるノウハウを 公開、今年の一月〜二月で強力な天井形成売りが簡単にわかりましたね。』

『225チャートだけの分析は限界 D因子は長期から目先の動きに先行しています。』

『同じ日足の売りサインでも、D因子の動きで値幅取りできるか小幅下落か予想できる点は画期的です』

『TOPIX30のような大型有名銘柄でもチャートだけで大幅値幅取りができることは驚きです。』

ダマシの無い225株チャート・損切不要の高収益株式売買法を追い求めた40年。 最終ゴールに到達できました。
  まず無料資料をご覧下さい→


2020年7月1日
ダマシの無い225株チャート・損切不要の高収益株式売買法を追い求めた40年。 最終ゴールに到達できました。  
龍の複眼マニュアルは今月から以下のように値上げさせていただきます。


 龍の複眼225マニュアル 75万円 
 龍の複眼株式マニュアル  65万円
  フォロー期間は2年間です。


幸い、今回の龍の複眼マニュアルは、会員の皆さんからの多数のお申込みと、高い評価をいただきました。やっとゴールに到達しました。

以下は会員さんからいただいた感想の一部
『まさか、、二千年以上昔の宗教書 聖書の数字が21世紀の株式市場225先物の解析に役立つとは、、、、、ただただ驚き』
『画期的です!!』
『月足と週足だけかと思っていましたが、、日足までも聖書の数字が適用できるとは、あのギャン理論を越えますね』
『一目均衡表が全て基本数値が9日間であることは知っていましたが、龍の複眼マニュアルの基本●●と■が月足週足日足に適用できる 考えたこともありません。ところで●●は聖なる数字でなく忌むべき数字ですね。相場という魔物に対峙するには、これが最適というわけですね。』  

資料は今月から簡単な無料資料と相場予測ノウハウも含めた有料 資料に分けます。まずは、無料資料をご覧下さい→

電話でのお問い合わせに関してのお願い
コロナウィルス騒ぎによる外出自粛のためか、資料請求もここ二カ月激増し、嬉しい限りです。ただし、『無料資料』を勘違いされたためか、以下のような想定外の電話相談を数多くいただくこととなりました。  

スマフォの画面のため見難い←タブレットをご使用下さい  
PDFファイルが開けない←ネットで調べて解決されて下さい  
A投資顧問で数百万円も支払い大損した←A社とは無関係です  
225は、今後は上げる?←相場予想は会員限定です  

お問い合わせは、弊社の資料に関しては受付ますが、他の無関係なご質問を延々と電話で長話されることは、ご遠慮下さいますようお願いいたします。


2020年6月1日
ダマシの無い株225チャート・ 損切不要の高収益株売買手法を探し求めて40年、、、、
多くの生活プロ、相場師、仕手筋、株の教祖、証券アナリスト、 ファンドマネージャー、為替ディーラ達との知遇を得ました。 その中で、最も関心を引いた伝説の仕手筋K氏のKチャート
某外資系機関投資家が版権10億円で買い取りを申し出たほどの伝説の秘密チャートです。
このKチャートに匹敵するノウハウを開発しました。


●龍の複眼チャート 65万円

この龍の複眼チャートで、225の運動法則は、ほぼ完全に解明、日足のダマシ排除できました。   
要は、、、中期トレンドが予測できることです。  
上げ下げ、モチアイか?  
中期トレンドが予測できれば、日足チャートの売買サインのダマシは、その大半が防止できます。
2011年3月東日本震災による暴落と今年のコロナウィルスでの暴落は同型

2011年3/4時点で線を下割れ 強い売りサイン示現
 +A+A+A+A
つまり225だけの条件で売りサイン示現 さらに●■因子を確認します
 ●因子は同時に陰線で下割れ+A+A+A        
 ■因子も同時に陰線で下割れ+A+A+A

つまり2011年3/4時点で225売りはA十個 満点の売りサイン
●●因子も3/4同時に下割れの売りサイン
百点満点の最強売りサイン示現〜3.11大暴落
8107〜7467円LL大底値的中

2011年の225先物週足チャート  
売りサイン示現から二週間後にLL示現のため8107つまり8110円指値利確優先
10700円売り〜8110円利確 +2590円

今年のコロナウィルス暴落も同じ売り型
2020年1月31日+A10個 満点の売り
あの3.11と同じ底抜けパターンのためLL底値狙い
2020年の225先物週足チャート   
翌週23130円売り(戻りは24085円まで)  
指値18000円一枚利確+5130円  
指値16580円一枚利確+6550円


底値示現のため、その後は週足チャートは見送り優先、トレードは日足チャートで小枚数買い狙いです。


●龍の複眼株式マニュアル 16万5千円

株は底値岩盤で大きく上がる銘柄、天井確認で大きく下げる銘柄さえ選べれば簡単に儲かるものです。今まで全会員共通YAレポートで取り上げてきた中長期の買い推奨銘柄は、五割高〜株価倍増で全勝でした。その理由は、必ず月足トレンドを確認し、大底打ちパターンに限定していたためです。   
以下は実際にYAレポートで取り上げた二銘柄の例 ↑は押し目ライン
5801古川電工 推奨後三倍高!
 
6701NECも六割高  
本マニュアルでは、天底確認パターンに加えて、最も重要な独自ノウハウ『変動エネルギー蓄積』銘柄を機械的に選択できます。大底打ちし、上値余地が大きい銘柄を買い、天井打ちして大きく下げる銘柄を売れば、損切無し、チャート不要です。  
対象銘柄 
TOPIX100や225銘柄、東証一部信用貸借銘柄

上場来の期間が長期間で流動性のある銘柄限定
初心者から大口投資家・機関投資家向き。

掲示板で話題の銘柄を追いかけても高値掴みするだけ です。   
コロナウィルスで自粛ムードが続いていますが、この機会に六月限定の無料資料をお読み下さい→


2020年5月1日
今年はコロナウィルス騒ぎでの暴落で東証一部銘柄は基本的に見送りでした。急騰株投資法では新高値銘柄を対象のため 対象銘柄が激減でしたが、、、。以下は、機械的な検索法の結果です。  
三銘柄で適格銘柄は1938日本リーテックのみ
今年初めての東証一部市場の買い適格銘柄ですが、結果は全体相場の暴落でも逆行高!
 
二千円目標で持続指示〜4/27 半分利食い
以下は同日(2/21)検索の銘柄です。
マザーズ銘柄は買い狙いでした。  
4308Jストリーム
 
4480メドレー
 
225秘線・龍眼罫線はD因子・R因子・TOPIXの併用でさらに精度向上です。以下225ミニ先物チャート
 
2/17時点で225・R因子・TOPIXが売り転換 打診売り〜暴落〜
↑短期(F)3/24買いサイン〜4/3短期(F)長期(S)買い転換


以下は最近入会された方の感想の一部です
『毎月のサイトのフロントページの内容と、『読者コーナー』の公開予想の的中率に注目し、資料請求。資料の内容は有料投資商材よりも価値あり。
特に、日経平均の天底判定ノウハウではあのリーマンショックも3.11も事前の売りができた理由が説明されていて、まさに震撼もの。
さらに個別銘柄でも低位株価銘柄を安全に底値で買い付けるノウハウや、急騰株の候補のとなる条件等、、、、
他社ならば高額で提供する内容が無料資料で記されていることには驚きました。
マニュアルの通りに設定すれば、同じ急騰株候補が検索されるという、検証できる再現性は最重要です。
もっと早く資料だけでも読めば、、人生が変わっていました。』
今回のコロナウィルス騒ぎに関して、年初から一貫して『対コロナウィルス戦で日本は最強国家』とレポートに記してきました。この騒ぎも時間の問題です。この緊急事態宣言の時期に、多くの個人投資家の皆さんから高い評価をいただいた『無料資料』を一度お読み下さい。

資料請求に際して電話番号等も一切不要としています。
理由は、悪質な投資顧問会社からのしつこい電話営業で懲りた方も多いためです。
投資家にとって、売買は生活の一部、黒字を重ね続けるか、否か、、それは大きな差異となります。
この時期、ゆっくりお考え下さい。
『ウォール街は明日もある』と言われています。



2020年4月7日
一月二月に続き三月も225秘線・龍眼罫線は戻り売りトレンドを示して売りで三連勝しました。
しかし、今後は逆に不況下の日本株バブルを予告します。目先は波乱含みですが、来年のオリンピックの頃、日経平均は三万円も夢ではありません。


以下は昨年末入会された会員の方の感想です。

先物イコール危険な博打というイメージでしたが、山中先生から、現物株を持続したままで、マーケットリスクに対する保険として小枚数の売りを勧められ納得。
225先物の売りサインのみ仕掛けて
二千円値幅取りし、現物株の評価損を相当カバーできました。機関投資家は、簡単なことを繰り返しているだけ、と山中先生から言われてからは、現物買いだけのリスクが理解できました。特に下落の際には、現物株があるため反発したら現物の評価が上がるため、安心して先物売りができました。
また、FXデイトレでは負け続けましたが、、デイトレには、225先物ミニは最適です。下落の際には、別のネット証券でデイトレ専用に口座開設して、FXで使用したチャート設定を使いゲーム感覚で一日に数万円平均で黒字取引できました。以前は、暴落相場では、ただただ忍耐ストレス、最悪で自暴自棄になり底で損切でしたが、おかげさまで売買を楽しみながら儲けることができ、これからが楽しみです  


実際の売買は日足チャートですが、昨年末から今年の下げは予告できたのは、以下の週足チャートサインからです。

225先物週足チャート
 
12/20短期Fサイン売り1/10長期Sサイン売り 以下RDも売りサインで一致
以下は225先物週足チャートにR因子・D因子の売りサイン↓を記しました

 
さらにR因子12/20もD因子1/17売りサイン示現 〜1/17暴落パターンが示現〜大暴落しました!  
4月7日現時点ではまだ週足は下げ止めも、売買サインは買いサイン待ちのままですが、、日足では3/24短期(F)買いサイン示現したままです。
※読者コーナー3/11〜20日でも底値圏〜『夜明け』
 と公開予想してきました。

以下は225先物日足チャート  
今後、週足も買い転換した場合、今回の大暴落幅を上回る暴騰相場、世界中の投資資金が日本株に向かう事態が予想されます。 その時は、日経平均は短期間で数千円高もありえます。 コロナウィルス暴落と不景気対策の政策は、国単位ではなく、 先進国が一致して大量の資金を市中にばら撒くことで、割安 で下値限定の日本株は買われるだけでしょう。    
このコロナウィルス騒ぎで在宅の時間が増える時期、
一度やり方を変えてみることをお考え下さい。   
小さく儲けては、暴落でそれまでの利益が消える、
この繰り返しを変えることです。
  
株式も上がる銘柄候補を待ち伏せ買い作戦です   
大暴落のため個人投資家向け特別コースも設けました
      まずは、無料資料をご請求下さい→

2020年3月2日
一月に続き二月も225秘線・龍眼罫線は戻り売りトレンドを示して売りで連勝。 以下は会員の方の感想の一部

『全会員共通レポートでも、2月17日から 3月10日まで乱高下予告、龍眼罫線は25日〜の売り さらに会員ページでは今後も戻り売りトレンドが続くも、28日引けで売り玉利確指示、、、チャートで未来予知している感覚は初めて味わいました。』

株式に関しても以下のノウハウを公開します。

龍眼罫線・急騰暴騰株マニュアル
   S・K検索法付き  65万円

日足より週足SK検索が早い理由
ロジック
2020年1月は、コロナウィルス騒ぎの関連銘柄群が短期的に数倍高しました。
しかし、このSK法では既に前年の11月下旬から12月にかけて、買い候補として検索されていました。
つまり一部の『筋』は急騰を見越して静かに関連銘柄を買っていたか、あるいは持続している投資家は売りを見送った形跡が週足のSK法で検索されてていました。
理由は中期的なスタンスで
『筋』が静かに目立たないように株を買い集めていくため、日足ではあまり変動しないものですが、中期的に見ると静かに底打ちから上昇の準備段階となるもの、これでは週足のほうが適格に 検索されます。これが日足よりも週足のほうが早く適格に検索される理由です。実例は以下の検索結果をご覧下さい。

S検索とK検索の特徴

週足S検索は急騰候補を事前に検索しますが、検索条件のロジックは、静けさ。
つまり、変動エネルギー 特に上昇エネルギーの蓄積された銘柄群を検索します。

つまり、『寝た子』あるいは『寝た子に近い状態』あるいは、、
『直近で底打ちして静かに上げる準備段階』銘柄群を検索する条件です。
対して、週足K検索は、、トンネルを抜けた銘柄群 つまり『起きた銘柄』を検索します。つまり、、動き始める銘柄です。

では、、寝た子が起きた直後の銘柄なら、、高い確率で急騰します。
つまりS検索で『寝た子』とK検索で『起きた』銘柄群で、重複銘柄を狙います

最も簡単な銘柄選定法は、SとKの全検索条件を含めたSK統合簡易版での銘柄選択です。
ただし、ここであえてSKを別にしているのは、『時として生じる時間差の問題』のためです。

つまりSKで同時に検索される場合は、『SK統合簡易版』で検索されるため、問題ありませんが、、、、。
S検索の銘柄が、その前後にK検索されて『重複銘柄』となるケースです。

週足のS検索・K検索との一致、つまり重複銘柄を優先します

以下11月22日S検索銘柄です

 
4558中京医薬品  4990昭和化学工業(1/10再度S検索)
7980重松製作所(S・Kで計四度も検索) 8885ラ・アトレ等
その後の急騰銘柄が11/22時点で候補として検索されていることは注目です


K検索をメインにしてこのS検索との重複銘柄を確認し、さらに銘柄の適不適判定をします。
以下はその後のK検索の結果です

1/24 4990昭和化学工業と
      4558中京医薬品

 
4990昭和化学工業
 
4558 中京医薬品
 
12/13 7980重松製作所
 
さらに12/30も検索されました
 
7980重松製作所
 
12/27 S検索でも再度検索されました
上記のように四度の検索はより強いサインです
さらに、、週足も以下の月足も『寝た子が起きる』パターンです

 
月足の下段指標も底打ちしています
11/15 8885ラ・アトレ

 
8885ラ・アトレは、この翌週S検索
8885 ラ・アトレ
 
週足ロウソク足は問題無し 月足チャートは、、、
 
底打ち上昇パターン 八月以降の底打ち
は月足で明白です
12/27 S・K検索同時重複銘柄
      7963興研

 

 
7963興研  

 
月足も下段指標は底打ちで『寝た子状態』

※以下のSK統合簡易版の12月末の検索結果もご覧下さい

 

 
※12/27検索銘柄で買い適格は興研のみ、適格不適格の判定基準と実例は無料資料をご請求下さい→


2020年2月4日
龍眼罫線1/23売りサイン大的中!

 

龍の眼は適格に225の売りポイントを示しました。
全会員共通レポートでも月足三尊天井形成と12月天井の 可能性も言及してた通りです。
 

この龍眼罫線のチャート設定を急騰株売買に応用適用 した、いわば225先物研究の副産物が以下です。 山中式短期急騰投機マニュアル会員向け応用編です

龍眼罫線急騰投機マニュアル  
山中式短期急騰投機マニュアル65万円入会の後の特別応用編35万円)


225先物秘線・龍眼罫線はD因子と225の短期(F)長期(S)トレンドの  一致不一致で仕掛けか見送りかを判定するノウハウです。  この龍眼罫線マニュアルと山中式短期急騰投機マニュアルを申し込まれた会員さんから、  以下のご質問をいただきました

急騰暴騰株はS安の恐怖がありますが、以下のように 初期波動で買い付けすれば何の問題もありません。 買値そのものがS安騒ぎ時点の半値以下、三分の一の コストならば余裕をもって対処できます。
機械的に日足検索し、週足で買い適格判定の12銘柄
その内5銘柄が一カ月以内に三倍高しています!!


1/21  4990昭和化学工業三倍高  テノックス小幅損切
1/20  弘電社小幅損切  クエスト小幅利確
1/17  該当銘柄無し
1/16  該当銘柄無し
1/15  該当銘柄無し
1/14  3796いい生活上昇  3131シンデンハイは−6%損切
1/10  3799キーウェア小幅利確
1/9   該当銘柄無し
1/8   3161アゼアス三倍高
1/7   該当銘柄無し
1/6   重松製作所 興研この二銘柄は三倍高!CSランバー小幅利確
12/30大納会のため検索不適格
12/27 該当銘柄無し
12/26 4364マナック三倍高


1月6日の検索例 興研 重松製作所

 
XYZの三種類の検索法の一つZ検索で二銘柄検索
その後株価は三倍高!

以下の個人投資家の方は資料請求されて下さい→

  短期急騰株で今までの損を取り戻したい
  今回のコロナウィルス騒ぎの関連銘柄の仕掛けに
  出遅れた
  買えば下がる売れば上がる、、苦戦中



2020年1月6日
おかげさまで、山中投資研究会は20年、サイト公開14年が経過。
学生時代から四季報研究から始めた株式相場研究は40年、株式は山中式短期急騰投機マニュアル、先物は龍眼罫線を開発成功。
この年末年始の期間中も多くの資料請求メールをいただき、入会申込も受付ました。以下はいただいた感想の一部。


『無料資料を拝読しましたが、ここまで真面目に株と相場を研究された資料は今まで見たことがありません。 多くの投資顧問会社のような派手な誇大広告とは別物と納得できました。』 『無料の読者コーナーの書き込みを以前から注目していました。特に八月に公開した二銘柄、那須電機鉄工とブシロードのその後の上げには驚きました。那須電機鉄工は株価が三倍高でした!


 

 

株式は銘柄選びが全て、先物は225に先行・連動する指標が最重要です。
真剣に相場に取り組む個人投資家の方
今苦戦中の方
チャート罫線のダマシに悩む方
 一度無料資料をご請求下さい→

相場で苦戦する理由は簡単かつ単純です。
自身の資金を増やしたい、損したくないという自然な感情が高値掴みと安値売り叩きとなるのです。それを克服するのが遡って検証できる確かなノウハウです。



2019年12月3日
12月は大波動到来!暴落か暴騰か?
龍眼罫線による昨年2018年12月の売買サイン例
 225先物日足チャート
 
12/6D因子売りサイン示現翌日12/7 225売りサイン示現のため売り仕掛け
年末大納会(12/28)の寄付きで利食い手仕舞い
12/10 21545円売り〜12/28 19930円 利食い
          +1615円 ミニ一枚で+16万1500円利確

★12/10D因子長期(S)も売り 12/11225も長期(S)売りと、
 最強の売りサイン示現のため陽線で上げても断固売り持続 むしろ追撃売り可

同じ相場は二度とありませんが、サインの精度勝率は参考になります。龍の眼であるD因子で225を見れば、複雑怪奇な225波動も単純な上下運動です。特に大きく動きやすい年末年始は値幅取りのチャンスです!
山中式短期急騰投機マニュアルでは、、
ジャスダック指数週足チャート
 
★↗はJQ市場銘柄を買い狙いの期間です
新興市場、特にJQ銘柄で今後も急騰銘柄が続出するパターンです。
仮に東証一部市場が下げた場合は投機資金が一斉にシフトすることが予測できます。
このJQ指数の上げは、東証一部市場が大きく下げた場合に備えた資金シフトの一部とも解釈できます


株式であれ、225先物であれ、年間で連続黒字とならない個人投資家の方、今苦戦中の方は、資料をご請求下さい→

2019年11月1日
225秘線・龍眼罫線
 225先物スィングトレードマニュアル
 三年間フォロー  132万円

  有料購読モニター会員半年16万5千円

『画龍点晴を欠く』 晴とは瞳 龍の眼。

 
今まで225先物スィングトレードのノウハウを研究開発してきましたが、最後の龍の眼に到達しました

今回の龍眼罫線には以下の三つの特徴があります。
いずれも今までの225マニュアルには無かったものです。

●一目均衡表・移動平均は使用しません。

先物の妙味は高倍率のレバレッジですが、当たれば短期間で高収益ですが、逆に行くと最悪追証という地獄が待っています。
あの3.11では事前に売り指示をして会員の皆さんから評価していただきましたが、買い方は地獄そのものでした。当時のマニュアルではR因子等の連動指標のトレンド判定が下向きだったため売り狙い、幸いにして大勝できました。
ただし、トレンドが下向きでも一時的な戻り、上向きでも急落することがあります。
今までのマニュアルでは、買いサインの後の急落や売りサインの後の急騰が恐いため、それを回避する目的で慎重を期すため、一目均衡表や移動平均を使用してきました。そのため、どうしてもある程度上げてからの買い、下げてからの売りサインとなりました。   
龍眼罫線では、以下のように二種類のトレンド判定ノウハウと、急騰急落予告可能であるため、つまり最も早くトレンド判定可能のため一目均衡表・移動平均線は不要となりました。


●二種類のトレンド判定
売買は短期トレンド(F)で、大勢判断は長期トレンド(S)の二種類です。
特に強い型は、SのトレンドにFが一致する時です。
連動指標と、このFSの関係が今までのチャートの矛盾・ダマシを解決します。


●明日の急騰急落予知の龍眼予告線
上記の短期トレンド判定は平均一週間ほど変わりません。
そのトレンド判定とは別途の特別ノウハウです。
この予告線の仕組みは、AIでも解析不可能です。理由は、独特の先行指標Dと225との比較による『歪み』判定であるためです。
買いサイン示現〜上げていてもD因子が下げ暗示プラス225は陽線で上げるパターン これが『歪み』です。
225上げとD因子下げの『歪みの修正運動』が225の急落となるのです。


225先物日足チャート(10月21日まで)
 
サイトでの公開のため、あえて雑な表記としている点はご理解下さい。
より精密なチャート、売買損益等は正式資料をご覧下さい。

D因子売り予告〜225はF短期トレンド売り転換〜大幅暴落〜F↑買い転換
★この後もS長期トレンドは下向きのままのため暴落リスクあり
その後S↑から↗買い転換し、長期押し目買いトレンド
★そのためF売りサインから下げるも下ヒゲで下げ止め〜F買い↑上げました


業界関係者からの嫌がらせも急増してきました。卑劣な『複数の口コミサイト』では悪徳投資顧問会社を『優良投資顧問』と推奨し、他社(弊社も含む)は全て『疑惑判定』です。あきれるのは、業界でも有名な悪徳投資顧問会社◆◆社等です。

『◆◆社 詐欺』で検索しても『◆◆社 詐欺疑惑があり、実際に調査したところ、素晴らしい実績の投資顧問会社 推薦できます』と言うネット文言が上位に検索されます。これだけの時間と労力を、相場の研究に向けることを提案したいものです。

以下は最近入会された会員さんの感想

『以前の某投資顧問会社では、先物取引で引かされても勝手に損切することは禁止でした。そのため結果は最初の数十万円の儲けの後は300万円を超える損失となりました。
こちらのサイトは以前から注目していましたが入会してマニュアルを読み、実践では急騰株も先物も儲けさせていただきました。ノウハウをマスターしながら口座残高が増加するのは最高です。この業界で真剣に相場研究されているのは山中投資研究会だけではないでしょうか?

引き続き『山中式短期急騰株投機マニュアル65万円』も提供しています。

年末まであと僅かです。やり方を変えてみたいと真剣にお考えの個人投資家の方は一度無料資料をご請求下さい
★龍眼罫線は無料資料と有料資料(千円)がありますが、最初は無料資料を請求されて下さい。今までの研究過程と天底の予測ノウハウ等が記されています。さらに詳しい資料を希望される場合は有料資料をご請求下さい。


2019年10月2日
引き続き以下の会員を受け付けています
山中式短期急騰投機マニュアル 65万円
他にレポート会員等もあります。


以下はマニュアル会員入会の方の感想の一部

遡って検証されて下さい この言葉は投資商材では当然のことですが、実際に検証して納得しました 』

※再現性が最重要です。
  検証し、納得し、ご自身の一生のノウハウとされて下さい


スィングトレードは見送りでも東証一部4661OLCでは幾度も+5〜10%の小幅利確狙で利確できました。損切は検索日の安値のため逆指値手仕舞い注文と併用することで楽に思考不要のトレード可能。これでやっと塩漬けコレクターから脱皮できそうです
※各市場が高値圏〜下落トレンドの期間は検索銘柄数も買い適格銘柄数
  も減少しますが、高値掴みのリスクを回避できます。


今年も残り二カ月余りとなりました。
普通の感覚で株売買をすれば、高値掴みと安値売り叩きを繰り返すか、塩漬けコレクターとなるもの。
この理由は、『儲けたい、損したくない』という自然な投資家心理のため、目先の上げている銘柄を安易に買うためです。
チャートやソフトによるシステムトレードよりも、最も重要なことは、大きく上がる銘柄を適格に選ぶこと、選ぶノウハウです。
宝くじ買いのように多くの銘柄を買い、その中で大きく上げる銘柄があってもトータルで儲からなくては無意味です。中には新高値銘柄を毎月数十銘柄も推奨して、後で大きく上げた銘柄のみを実績にしているような低レベルの詐欺広告もあります。派手な宣伝と口コミサイトにはご注意下さい。

儲けても一時的、結局は塩漬けの方、一度やり方を変えてみては如何ですか?
情報よりも自分自身で上がる銘柄を選び、利確できるノウハウです。
まずは無料資料をご請求下さい→


2019年9月3日
今回の公開の新規マニュアルのマニュアル会員の八月の売買の成績です。
八月は、週足検索では適格銘柄はゼロ、日足検索でも東証一部は適格銘柄は無しで、冴えない成績でした。以下のように『読者コーナー』でも公開した新興市場二銘柄と、残念ながら損切となった一銘柄、この三銘柄のみでした。

5922那須電機鉄工 8/13検索

 
※リスモンは日柄経過・週足値幅波動から不適格
 

 
注目!8/13 14 15と三日間連続検索!
日足連続検索銘柄は追撃買いも可です


半分利確指示済(読者コーナーで公開)です

 
7803ブシロード
 
全て利確済(読者コーナーで公開)です
 
2878ツクルバ ↓で損切サイン翌日手仕舞い
 
以下は入会された会員の方からの感想の一部です

『週足検索だけでも本物と思いましたが、日足検索は生活プロも夢ではないですね。』
今まで投資顧問の派手な宣伝と営業に騙されてきましたが、全額返金保証と自身で遡って検証することを資料で勧めているため、最後の賭けでした。結果は再現性百% もっと早く入会すればよかったと後悔しています。
『入会前も入会後も電話して質問したところ、直接山中先生が回答、さらにPCに検索条件の設定等も全て先生が直接サポートしていただき感謝です。変な話ですが、普通の世界ならマニュアル通りにやれば上手くいくもの、プロに従えばアマよも成績が良いものですが、株の場合は逆になるものです。冴えない成績と言われましたが、那須電機鉄工は大勝利、今月はツクルバの損切を含めても大幅黒字でした。その意味で、業界の常識を破る投資研究会ですね

この業界ほどプロの大半が勉強も研究もしない世界はありません。真面目に相場研究を続けてきましたが、今月からは、特別会員(大口個人投資家・法人投資家対象)も併せて募集します。
まずは無料資料をご請求下さい→

2019年8月1日
40年近い株式研究の最終回答!
短期間で損を取り戻したい個人投資家必見!
短期で大きく上がる銘柄を機械的に選択!


山中式短期急騰投機マニュアル 65万円
週足・日足で急騰銘柄自動検索!


ご自身で簡単に全て遡って成績検証可。
再現性百%ノウハウは一生の財産
 全額返金保証付
同マニュアル一年間モニター会員    15万円
同マニュアル一年間週刊レポート会員  5万4千円


以下は同マニュアル申込み会員さんの感想の一部です

『以前から貴サイトの読者コーナーの公開銘柄を注目していました。
買い銘柄は公開後も一段高し、利食いを公開した銘柄は見事に天井打ち。
資料を読むと、そのロジックに納得、マニュアルの通りに自動的に急騰銘柄候補が検索されて感動しました。ブックオフは途中から参戦でしたが利食い完了。』

『見本レポートを見て二部のヤシマキザイ、大丸エナが実際に急騰して驚きました。やっと株の世界で本物のノウハウを手に入れました。』

『失礼ながら、、ロジックの前提はあまりにも古典的ですが、、、その絞り込みの条件は見事
そして、、七月の急騰適格三銘柄が全て上げたのは手品のようですが、手品の解き証しは簡単そのものでした。特に日足検索は凄い!これなら明日急騰する銘柄が簡単に検索できますね。これなら一日〜二日間の超短期トレードも儲けられますね

6月7月の買い適格三銘柄は全て上げました!

2019年6月7日週足検索9278ブックオフG
 

 
日足検索ではさらに早く6月5日に検索されていました。  
2019年6月27日検索二部9818大丸エナウィン  
ベルテクスは不適格判定 大丸エナウィンのみ適格  
2019年7月9日検索 二部7677ヤシマキザイ  

 
明日から上がる株を知りたい方
投資顧問の派手な広告や電話営業に騙された方
チャート・ソフトでは儲からないと感じている方
S高や新高値銘柄を高値掴みして塩漬けの方
急騰株を自身で選択できるノウハウを知りたい方
検証できるノウハウ再現性百%を確かめたい方
          資料を請求されて下さい→

2019年7月1日
山中式短期急騰株投機マニュアル 65万円
二十代後半の頃に知己を得た、数少ない株のプロが今は亡きT氏でした。
彼は40年間に渡り株の売買益で生活しながら10億円もの資産を形成しました。T氏は、何かの情報や独自の分析力ではなくて、独自に開発した七種類の投資マニュアルを駆使していました。  
そのノウハウとは、、、以下の内容です  

『底値買いノウハウ』
新日鉄等の倒産リスクゼロ銘柄の底値を買うノウハウ  

『ボロ株買いノウハウ』
株価50〜100円のボロ株を絞り込み二倍高を狙うノウハウ
以上の二つが以前提供の『山中式水温4℃投資法』の原型です  

『成長株投資ノウハウ』
長期間で株価が二倍〜十倍増の成長株を見つけるノウハウ
国内は1960〜1980年代まで有効でした

『業種限定売買ノウハウ』
特定の業種限定で新安値銘柄を買うノウハウ

『市場内部要因売買ノウハウ』
出来高と信用取組から売り方の踏み上げ狙いノウハウ  

『自動売買ノウハウ』
毎月一度一銘柄を買い〜一年後に自動売却を繰り返す  

短期急騰株ノウハウ
最も投資効率が高い、ハイリターンの投機ノウハウ

今回、この短期急騰株ノウハウを山中式に改良し公開することにしました。
内容は、一定条件を入力して自動的に週足で検索された銘柄を簡単な条件で絞り込むものです。

特徴 今までの山中式急騰株ノウハウとの違い    
東証一部用・二部用・新興市場用を併用することで五割高〜株価倍増銘柄が毎月
数銘柄検索されます。つまり売買チャンスがほぼ毎週あります。    
ここで重要なことは、投資顧問会社の誇大広告とは根本的に違います     
実際に毎月数十銘柄を推奨して、その後大きく動いた銘柄だけ、     

『株価短期数倍高続出!』と誇大宣伝するのは    
証券業界の常套手段です。
   

投資顧問会社の成績などは誰も検証不可能ですが、、、   

山中式投資マニュアルは遡って検証できご自身でマスターできます。    
以下はそのマニュアル成績の一部をここに公開します。

2019年3月1日引け時点の全検索銘柄  
以下のように東証一部・二部では二銘柄のみ検索され  
ましたが、CACは前週(2/22)検索済  
ワタミは買いサイン示現〜の日柄と値幅経過で不適格
 
結果として次の新興市場銘柄からの選択となりました。
このように自動検索の銘柄数そのものが限定的、その中から二倍高銘柄が続出しています。
 
JQマザーズ銘柄では信用貸借銘柄優先  
6067 インパクト
 
検索時点株価から2.38倍高  
4725CACは適格  
検索日終値〜高値まで、、、+57%急騰
今仮想通貨で話題の銘柄二部株リミックスは、、、
 
以下3825リミックス  
株価は四週間で3.35倍! では8105堀田丸正は、、  
六週間で株価は4.4倍に大化けしました。
この翌週の検索銘柄も注目されて下さい
 
4735京進  
株価は2.25倍  
8891 MGホームは、、、条件不適格のため見送り×   

実際の全て自動検索銘柄とその後の上げ下げは
資料を請求されて下さい→


 

山中剛の最新株投資必勝本のご紹介

1日3分3法則で儲ける 山中式日経225先物トレード 07年12月

たった3つの法則で誰でも日経平均を三ヶ月先まで予測できる

四年間で4百万円超の利益山中式Xトレード

長期波動に乗って大きく利幅を取るYトレード

逆行と動かない場合の保険Z作戦


『1日3分3法則で儲ける 山中式日経225先物トレード』

山中 剛 著

過去の山中剛の株投資必勝本のご紹介
2006年12月 2006年6月 2004年12月
朝8時45分からたった15分!儲かる株がすぐわかる 勝てない人のための逆転の株投資 下げ相場でも逆行高!山中式急騰銘柄投資法


2003年12月 2002年11月 2002年4月 2001年12月
驚異の超短期売買山中式急騰銘柄投資法 素人でも面白いほど儲かる山中式株価方程式 情報・材料一切不要儲かる山中式周期投資法 上がる株・下がる株が30分でわかる山中式数理投資法
ページ先頭へ
トップページ半年前に天底予想し完全的中!初めての方へ山中式相場理論読者コーナー急騰株裏掲示板龍眼罫線

資料室本音の山中式225先物攻略作戦フォーチュンクラブ最新資料特定商取引・個人情報リンク
Copyright(C) 山中投資研究会 山中剛. All Rights Reserved.